<   2005年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧
by 北村将吾 
タイガーコーヒートレイン@天王寺不思議の国アリス
高校時代の軽音部の同級生、アカバ君がギターで所属するバンド
タイガーコーヒートレインのライブを見に行ってきました。
これでこの日は3つのライブに行ったことになります。
しかも前日もその前日もライブを見に行っていたので、まさに
ライブ漬けの週末、ってやつですね。

このバンドとは色々ありまして、ギターのアカバ君とは、
この度新しいバンドを組むことになりました。
高校の時は「俺はギタリストやからボーカルはしたくない」と言っていたのに、
ボーカルがいなかったので、歌ってもらっていたんですが、
今では、「俺がセンターに立って歌いたい!」と
激しく思うようになったそうです。

それはさておき、タイガーはやはり何度聴いても「奥田民生」やなぁ、と。
決して悪くはないと思うんですが。
余談ですが、Ba.のスギサワ君のメガネが何度も落ちかかっていたのが笑えました。
ライブ前に初めてじっくりしゃべったんですが、なかなか味のある男です。
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2005-06-26 23:55 | music
pop chocolat インストアライブ@スピカ☆レコード
京都発、3ピースガールズバンド、pop chocolatの、
1st mini album『虹色ファルセット』リリース記念インストアライブを見に行ってきました。

かわいらしい見た目とは裏腹に、
普段はカオティックなバンドサウンドを聴かせたりするわけですが、
この日はインストアということもあり、アコースティックバージョンとのことでした。
・・・ってよく見たらギターもベースもアンプにささってたんですが、(^^ゞ
まぁアンプラグドとは一言も言ってなかったのであまり深く考えないことにします。

3人がそれぞれメインボーカルをとり、
めくるめくコーラスワークと、複雑にリズムが絡み合う緻密なアレンジと、
まさに虹のような透き通ったファルセットがとても気持ちよく、
本当にええバンドです。

正直羨ましいです。
俺もこんな音楽やりたいなぁ、なんて思うわけです。
「かわいらしい見た目」というのはどう頑張っても俺には無理なので、
他で頑張ろうと思います。
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2005-06-26 23:35 | music
PSS課外授業@国際楽器社
僕がドラムを習っているスクールには、年に数回課外授業というのがありまして、
早い話が、生徒さん同士でバンドを組んで人前で演奏する、という趣旨のものです。

通い始めて1年以上になるのに、出演どころか見に行ったことすらなかったので、
チラっとのぞきに行ってみました。

MC科の生徒さん5、6人が交代で司会をつとめ、
転換の間ボーカルさんにインタビューし、1バンド1曲づつ演奏する、
というものだったのですが、
正直な感想は「・・・ビミョー・・・」です。
もともとバンドを組んでない人向け、と先生から聞かされていたので、ある意味納得ですが、
昔エレクトーンを習っていた姉の発表会を見に行った時の感じに近いものがありました。

まぁ曲とメンバーだけ決めて、当日初顔合わせ、即本番、というのがそもそも無理がある気が。
すでにバンドに所属している人には不要だな、というのがホンネです。
それでも音楽をやっている友達を増やすため、と割り切れば、1回ぐらいは出といてもよさそうです。
何事も経験ですしね。
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2005-06-26 23:20 | music
定期演奏会@THホール
大学時代に所属していたバンドサークルの定期演奏会の案内が来たので、見に行ってきました。
正直もうほとんど知っている人は現役には残ってないんですが、
同世代のOBもチラホラ来ていて、プチ同窓会のようになるのは毎度の事ですけれども、
1年の総決算の大イベントであったはずの定演にしては、若干寂しい気もしました。

単純に演奏が上手くないから、とかいうことではなくて、
中にはもちろん上手な人もたくさんいるんですが、
身内のひいき目で見ても、楽しめたのは
自分が見たおよそ10バンド中2,3組ぐらいのもので、
あとはただ「練習の成果を発表している」だけ、というか、
昔は10時間の長丁場も長いと感じさせない、
見ごたえのあるイベントやったのになぁ・・・と、しみじみ感じてしまうわけです。

若い皆さんにはこれからもっともっと頑張ってほしいなぁ、と思うわけです。
年寄りじみたこと言うてますが、学生からしたらOBなだけで、
僕も世間的にはまだまだ若造で、勉強しまくらなアカン若輩者ですから、
これからも、もっともっと頑張りますよ!

「1本の/草木と言えども/我が師なり」
という言葉がありますが、もちろん今日の事からも学ぶことはあるわけです。

「社会」を構成するのは「人間」ですが、
一口に社会と言っても、大なり小なり様々なものがあって、
その器が同じものであっても、時と共にその中身、
つまり構成する人間は入れ替わっていくわけです。
「サークル」という器が、僕という人間に多大な影響を与え、
かけがえのない出会いを数多くもたらしたことは紛れもない事実ですが、
今のその「器」は、僕がいた頃の器とは、同じであって別のモノなわけです。

今いる人たちにとっても、その器が素晴らしいものであることを願って止みません。
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2005-06-25 23:38 | music
マキ凛花@南堀江Knave
『ポップ、キュート&ちょいセクシー』をコンセプトに、
関西を中心に活躍されているシンガー、マキ凛花さんのライブを見に行ってきました。

この方も、大学時代の先輩だったりするわけですが、
ステージに上がるとスイッチが入る、と言いますか、
普段の素の部分を知っているだけに、心底感服させられます。

観客の最前列にいる男性陣が本気で照れているのが個人的には面白かったりするわけですが、
ニューアルバムも完成間近だそうで、
ますますこれから目が離せないミュージシャンの1人であります。

リリースに合わせてラジオで特集します、と約束し、
たまたま見に来られていたマキさんのお母さんにもご挨拶し、帰宅。


やはりライブにしろ音楽にしろ、エンターテイメントであるべきだな、と思うわけです。
どんな音楽か、ということに関係なく、何かしらの感動がなければ
(それは喜でも、怒でも、哀でも、楽でも、とにかく「感情が動く」ということですが)、
やってる方も見てる方も楽しくないし、どうせやるなら徹底的にやらなければ!

そんなことを改めて考えさせられた1日でした。
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2005-06-24 23:55 | music
おおみみずがあらわれた
e0016831_1631883.jpg
いつものように駅に向かってテクテク歩いていると、
やたらデカいミミズがいました。

・・・いや、あらためて見てみると、それほどデカくないかもしれない。

以前、「いやー、僕んちの周りは田舎やから
虫とか生き物がやたらデカいんスよー」
なんてことを人に言うてたのですが、
改めて考えてみると、最近あまり生き物を見かけなくなってきた。

それでも、コウモリとか白鷺とか結構普通に飛んでたりします。
車道を亀が歩いてたり、住宅地に蛇がいたり。

昔、バレーボールぐらいの大きさのアメンボを見た、という話が
どうしても信用してもらえなくて(本当です!)写真に収めておけば、
と改めて後悔しておるのですが、当時はカメラ付き、の前に携帯も持ってない
子どもでしたので。

ってことでとりあえず「お!」と思ったものは何でも撮っとこう、と。
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2005-06-22 16:02 | diary
麺匠の心づくし
e0016831_15544036.jpg

うどんを食べました。
道頓堀にある「つるとんたん」というお店の
『ABCのくりーむうどん』というモノです。
一言で言うならカルボナーラみたいな感じですが、
なかなかウマかったです。

横に置いてあるタバコの箱で、
器やレンゲの大きさが伝わるでしょうか?

器がデカい割には量は普通やな、と思っていたら、
最後の最後に「大盛無料」であることが発覚。
次回からは麺2倍にしよう、と心に誓うのでした。
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2005-06-21 15:51 | gourmet
今年の秋にも2人目が生まれるそうで・・・
自分と全然違う分野で頑張っている人の話を聞く、
というのはなかなか興味深く、面白いものです。

大金持ちの経営者とか、専門的な職業の人など、
自分から遠ければ遠いほど面白かったりするんですが、
先日、主婦をしている友人と久々に再会しました。

誤解を招かないように書いておきますが、
幼稚園から一緒の幼なじみです。
ダンナさんともうまくいってるみたいです。
もちろん僕にもやましい気持ちは一切ございません(しつこい?)

まぁ早い話が、旧友とファミレスでダベってただけなんですが、
改めて「母は強し」と感じますねぇ。
出産の痛みってのは僕らには一生わかりませんからねぇ。
何でもやりたがりの僕としては、「絶対に経験できない」
というのは残念で仕方ないですが、
痛いのは嫌なんで良しとしますかね。(^^ゞ
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2005-06-20 15:31 | diary
写メ
僕は人の顔と名前を覚えるのにかなり時間がかかるため、
写メを登録しておいて、その人から電話がかかってきたときに
表示される機能というのが、とてもありがたいわけなんですが、
あまり親密でない女の子の写真を撮らせてもらう、ってのは勇気がいるし、
かといって親密な人はいちいち写真入れとかんでも覚えてるし、
なかなか難しいもんです。

番号を聞くときにさりげなく撮っとくのがベストなんでしょうが、
そんなに上手いこといかんのが世の常人の常ってなもんです。

そんなわけで、僕の今の待ち受け画面は、どせいさんです。
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2005-06-19 15:01 | monologue
@豊中リップホール
胸騒八郎モーグリパラシュートsmash-youth・SPACE CANONBALL
4バンドとも大学の軽音サークルがらみというイベントに行ってきました。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

①SPACE CANONBALL
同級生・タイガ君がサークルの現役生とやっているバンド。
爽やかでええ感じですが、Vo.&Gt.タハラの歌声がなんとも・・・

②SMASH YOUTH
『鹿児島・都城発、青春メロディックパンクバンド!』というのは過去の話(?)
メンバーも大幅に変わり、渋味を増したVo.ヤナミさんの歌声も爽やかな、
ギターロック×歌モノポップ、といった感じでしょうか。
ジャンル分けは苦手ですが、とにかく良かったです。

③モーグリパラシュート
僕が昔一緒にバンドをやっていたベーシスト・ぐっさんことタニグチの所属するバンド。
相変わらず彼は音量が異様にデカいのですが、
なんせVo.のシモミが、ずるいくらいエエ声なのです。女の子がキャーキャー言うてました。
まだ結成して間もないということで、また改めてじっくり見たいな、と。期待大です。

④胸騒八郎
鬼才・ハタダダイスケ率いるバンド、というか混沌です。カオスです。
彼は昔からメンバーに苦労しており、今回もかなり久々にステージに立ったそうですが、
まぁそれはさておき、今後の展開が楽しみです。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

とまぁ、軽く感想を書いてみましたが、
今でもこうして周りに音楽で頑張っている友達がたくさんいるというのは、
刺激にもなるし、ありがたいことです。

またこういったイベントがある時は、やっぱり見るだけじゃなく、
出演したいなぁ、と改めて感じた1日でした。
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2005-06-18 14:29 | music