カテゴリ:monologue( 72 )
by 北村将吾 
【ひとりごと】Runの走るは良いとして、テンポはハシらないようにしたいものですね。
走ることは人生に似ている。
苦しいと視線を落としたくなるものだが、歯をくいしばり胸を張って前を向いて進まなければ道は開けないのである。

~差し歯のサッシー(1980-)


去年の春頃から始めたジョギング。
最初は3~4km走るのに30分くらいかかって、2~3日は筋肉痛に苦しんでましたが、
タイムが縮まれば距離を伸ばし、またタイムが縮まればまた距離を伸ばし、5km~7kmくらいの期間がしばらく続いてました。
ところが今日は「次の○○までがんばろう」を繰り返していたら帰るに帰れなくなり、気が付けば約9kmほど走っていました。
タイムはちょうど1時間ぐらい。
今年の目標は10km55分、市民マラソン大会的なやつに出たい。
そしてゆくゆくはそのペースで42.195km走って4時間切りたい。
まあ怪我しない程度にボチボチやります。
出続ける腹周りの肉と運動不足を解消するという当初の目標とは違う方向に進みつつあるけどまあ気にしない♪(´ε` )
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2017-02-04 16:27 | monologue
いつのまにか…
ブログの設定が「コメント禁止」になってました(^^;
スパムが多くて自分で禁止にしたんやっけ?
まあ、とりあえず書けるように変更しましたんで、もしよろしければ~♪
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2014-09-21 09:21 | monologue
何を今さら、と思われるかもしれませんが。
気が付けばまた告知か放置かになってきたので、自分のメモ的に書きます。

最近ドラムの練習が楽しい。

何年か周期で波があるけど、昔レッスンを受けてた時に言われて当時はよく分からなかったことやできなかったことが、最近急に少し分かったり。
当時にも「今分からんくても5年後10年後にふと急に分かったりするもんや」と言ってる人が多かったけど、まさにそれを感じてる。
歴史に名を刻むような偉大な先人たちだけでなく、身近な先輩や、若い人たちからも、日々色々と学ばせてもらってるなあ。
それはドラムに限らず、また音楽にも限らず、学ぶ意欲を持てば仕事でも遊びでも何でも楽しめるし、そうすると自然と生きること自体が楽しくなっていくのかな、なんてことを思ったり。

練習嫌いだった自分に腹を立てても仕方ないし、これから先またあまり練習しなくなる日が来るかもしれないけど、歳を取れば取るほど頭の中はシンプルにした方が色々とうまくいく気がするので、何かに悩んだり腐ったりしそうになったらまたこれを読み返そう。

自分は打楽器の世界に鼓舞されて生かしてもらってると思ってるので、自分がもっと人を鼓舞するような演奏ができるように、そのためには技術も心も、あとお金も(笑)、足りないのでもっと頑張って、磨いて、楽しんでいきます。
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2014-04-29 17:02 | monologue
嘘にならないように…
日付が変わらないうちに宣言しておこう。

もっと節酒!
もっと節約!
そして痩せる!

明日から消費税上がるのがエイプリルフールだったらなあ…。
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2014-03-31 18:25 | monologue
2014年も残すところあと300日。
気が付けば告知ばかりになってしまいそうだったので、たまには何か書きます。

さて、昨日(3月6日)は元旦から数えて65日目。ということは、今日を入れて2014年はあと300日ということになります。
と、まあ半ば無理やりキリが良いことにして、2014年の振り返り的な事を書いてみます。

今年は休肝日をなるべく設ける!年間で100日以上!春の健康診断では肝数値下がっててほしいので特に春までは重点的に肝臓にお休みを!と意気込んでおりましたが…
1月は11日、2月も11日、3月は今のところ2日、ということは65日のうち24日。休肝日率はおよそ37%程度でしょうか。
これはもう少し頑張らないといけませんね。

前田サンシャインオフィスのパーカッション・ゲンちゃんの影響で、今年一年何杯ラーメン食うのか数えてて、Twitterに写真付きでアップしてます。
昨日の時点で27杯。一月は杯数のカウントを稼ごうという変な欲が出てやたらラーメン食ってたので、こりゃ本末転倒やな、と本当にラーメンを普通に食べたら何杯くらいになるのか、というのを心掛けてたら、2月以降はそない食べてないことに気付いたりもしました。
これは頑張りすぎないように続けたいと思います。

あと、こんなことをブログに書くのもアレなんですが、今年からweb上ではなく、いわゆる元々の意味の「日記」を書いてます。
自分しか見ないので、書くのも書かないのも書く内容も自分次第。
後で読み返してニヤッとするためだけにやってますが、バンドのホームページとかmixiとかブログとかで日記書いてた時よりも、見られてる意識が全くない自分の文章っていうのは、自分にとっては面白いもんですね。
少なくとも自分が生きてる間は誰にも見せることはありませんが、もし万が一のことがあった時に、見たいという要望があれば…
いや、それは今意識することじゃないし、まずは私的な日記にも値打ちが出るような人間にならんとあきませんね。

とにかく、これからもマイペースにいきたいと思います。
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2014-03-07 18:03 | monologue
2014年のあれこれ。
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

さて、年始なので一年の計をば。

休肝日。
昨年は100日の目標に対して66日でした。
299日は酒を飲んでたことになります。
それならいっそのこともう1日飲めば良かったような気がしてしまいますが、今年こそ3桁に乗せたいと思います。
手始めに、さっそく元日を休肝日にしました。
こりゃ幸先が良い!


体重。
20代はずっと60kg以下でガリガリだったのが、30代になって70kg超えしてしまったので、今年は65kgくらいに落としたい。
前から続けてるウォーキングと、先日手に入れたバランスボールでがんばります。


音楽。
ありがたいことに、今年も楽しくなりそうです。
自分が楽しむだけでなく、より多くの方に楽しんでもらえるよう色々と工夫して取り組んでいきたいと思います。


その他。
食べ過ぎず、飲み過ぎず、使い過ぎず、悩み過ぎず、遊び過ぎず、マジメになり過ぎず、いつも笑顔で、何事にも前向きに取り組んでいきたいです。
ブログもボチボチ書いていこうと思います。
マジメになり過ぎず、と言うてるそばからこの記事自体がマジメか!な気がしなくもないですが、今年もこんな感じで、お付き合いいただければ幸いです。
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2014-01-01 23:13 | monologue
ブログを諦めました
時はさかのぼること2005年6月。

「後から自分で読み返してニヤニヤする」をスローガンに、バンドのホームページから引っ越す形で開設し、私的なことから、音楽活動の報告やグルメ情報等、色んなことを好き勝手に綴ってきたこのブログですが、
徐々に現実の時間との差が広がっていき、実に1年半以上も開いてしまいました・・・。

さすがにもう記憶をたどって書くのもムリやな・・・。
ツイッターにはその都度つぶやいてたから、これがそのままブログになったらええのにな・・・。
と思っていたら、ありました。

twilog
http://twilog.org/kitamurashogo

必要は発明の何とやら、とはよく言ったモンですね。
今は3,200ツイートしか取得できないので、ブログとの間にかなりのブランクができてしまいますが、こんなニュース(自分の全ツイートを一覧・検索できる Twitter アーカイブ提供開始、英語設定のユーザーから順次)もあるので、そのうちブログの日記的な部分の役割はTwitterが担ってくれることでしょう。

というわけで当面は、ここはライブスケジュールプロフィールの為のサイト、ということになります。
ちょくちょく更新しながら、今後また何かいい活用法が見つかればと思います。
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2012-12-24 13:40 | monologue
12月8日。七度目の巨塔と、断酒について。
前回→12月2日。6度目の巨塔→Fairyでセッション

いまだに現実時間にまったく追いついていないこのブログですが、
先日、時系列を無視して少し発表もさせていただきました。→昨日のつぶやきについて

ってか、昨年の日記を見返して思ったけど、
オレこの時また肋骨にヒビ入ってたんやな、そういえば。
思い返せば引越しの時も、やたらみんなオレに「重いもん持つな!」って言うてくれてたな…。

ありがたい話です。
骨のヒビを忘れてしまう僕の脳みそにも感謝。
毎年恒例、なんて気ぃ抜いてたから、今回は良い戒めになりました。


断酒。


宣告された時は、ベタに「お先真っ暗」なんて思ってたけど、
これを書いてる「今」では、もうすっかり慣れたモンです。
ライブ後にビールを飲むことに固執する余り、
多少機材が多くても無理して電車で行く、ということもなくなり、
悠々と車で行って、近い人は送って帰って。
学生時代に戻ったような気分であります。

時折顔をのぞかせていた「酒癖の何某」も出番が完全になくなり、
「若気の至り」に思いを馳せたり…。

ノンアルコールビールにもすっかり慣れたけど、
それでもやはり「無性に飲みたくなる日」というのはあります。

早く「低骨密度体質の改善」に効く薬等が開発・認可されることを期待してます。
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2011-02-11 13:45 | monologue
昨日のつぶやきについて
まず、言葉足らずでご心配をおかけしてしまった皆様、ごめんなさい。
心配なんかしてねーよ、という皆様…オヨヨ。

さて、気を取り直して本題へ。
【お知らせ】本日より、主治医の勧めで断酒することになりました。大の酒好きでしたが、それも昨日まで。これからはノンアルコーラー、もしくはノンアルコリストです。ついでといっちゃアレですが、タバコもやめることにしました。正直まだショックもありますが、現実を受け止めて前を向くしかないです
5:29 PM Dec 8th webから
このtwitterでのつぶやきを見て電話くれたり声をかけてくれたり…。
ありがとうございます、僕は元気です。
ちなみにその後すぐまたつぶやきましたが、禁煙は今回もすぐ断念しました。
まあ一気にアレもコレもというのはね…。

というわけで断酒。
2日目の夜をむかえているわけですが、
これまでろくに休肝日ももうけていなかった僕にとっては、
すでに自己記録を更新して未踏の領域に足を踏み入れているような気分です。
街を歩いていてもTVを見ていても、美味そうに酒を飲む様子がやたら目に付くようになりました。
「よし、今から飲みに行こう」とか、「よし、この仕事が終わったらビール飲もう」とか思えば大して気にならないのでしょうが、
「うまそう…でも飲めない」ではツラい。と思うと思っていましたが、これが意外とそうでもなくて、
今のところとても安らかな気分で過ごしております。

急に完全に一滴も飲まない、というのは極端なのでは?
→お前にはムリなんじゃね?
→たまにはちょっとくらい良いんじゃね?
→そんな寂しいこと言わずに、まあ一杯どうだね。
などなど、様々なお声もいただきましたが、節酒でもなく禁酒でもなく、断酒である、と。
要するにアルコール摂取を無期限で断つ、というわけなんですが、
そもそもなぜこうなったのか、というお話を少しだけ。

さかのぼること西暦2004年。
当時飲食店で正社員として働いていた僕は、
ある日左足の甲がパンパンに腫れあがり、
靴は履けないわ、痛くて歩けなくなるわ…ということで病院へ。
ばい菌が入った(後にこれは誤診と判明)とか何とかで即入院。
抗生物質の点滴を毎日投与され、一ヶ月ほどで退院&復帰。
それから数ヵ月後、風邪が長引いて咳をし続けること2ヶ月間ほど。
朝起き上がろうとしたら胸に激痛が。
なんとか出勤して掃除などをこなすも、痛すぎてあぶら汗が止まらない。
顔色も真っ青だったらしく、鬼のようだった先輩もさすがに「病院行って来い」と。
肋骨にヒビが入っていたんですね。
なんで?ってなモンです。心当たりは咳くらいで、まさかお年寄りじゃあるまいし、23,4歳で…。
検査の結果はそのまさかでした。骨密度が低かったんですねえ。
それから毎年11月~12月くらいに検査に行ってました。
その様子はこのブログにも毎年綴っているので、おヒマな方は探してみてください。
自分でもさっき読んでみて、一人でめちゃ照れました。
まあこうやって何年後かの自分が読み返してニヤニヤするために日記書いてるようなモンなので。
9月上旬から止まってる日記も、年内には現実時間に追いつくように書いていきたいと思います。

話がそれましたが、要は20代にして骨粗鬆症の予備軍のような状態であることが発覚し、
それは生まれつきだったのを今まで気づかなかったのか、はたまた何かの病気なのか?
年々検査データを蓄積しながら、医学の進歩や医薬品の進歩とともに経過を見てきたこの6年間。
命に別状のあるような病気の可能性というのは早々と消えていたので、
途中からは毎年気楽に、健康診断くらいのノリで行ってたのですが、
7回目となった今年の検査結果を聞きに行って、事態は一変。
経過観察から徐々に予防・治療へとシフトしていく、という感じでしょうか。
このまま放っておくと、40歳くらいでまともに働けなくなる、と。
確かにデータがそれを物語っているのが自分でもなんとなく読み取れたので、大げさに言っているのではなさそうです。
年に一回だった検査は、3ヶ月に一回へ。処方した薬の効き目をみて、必要があれば薬を変えていくそうです。

で、断酒。
骨粗鬆症といえば高齢の女性に多い病気ですが、男性で罹る人は大酒飲みが多いそうです。
アルコールが直接骨を弱くするという医学的根拠はまだきちんと証明はされていないけど、
統計的には確実にそうで、医学界でも常識だ、と。
「一回の骨折で2ヶ月は安静が必要なのを、年に2~3回繰り返す。
一年のうち半分は仕事を休むと、最初は診断書を提出してどうのこうの…。
そのうちクビになって、仕事もできず治療費も自分では稼げず…」という患者さんがウチにはいっぱいいる。
そうなりたくなかったら、酒が飲めないくらいどうってことないでしょ、と。
今は良い時代で、ノンアルコールビールも慣れたら美味しいのがいっぱい出てるよ、と。
発泡酒や第3のビールにも慣れたんなら、ノンアルコールにもきっと慣れるよ、と。

まあざっとこんな話を延々されたわけです。

好きなものをガマンして長生きするくらいなら、太く短く生きた方が…なんて言いますが、
普段いちいち意識してはいられないような「人生は有限である」という事実を突きつけられると、
やはり僕は健康に長生きしたい、と思う性分のようです。
というか、「ビールの為ならあと10年で体がまともに動かなくなってもいい」とは思わなかった、ということでしょうか。

それと、「酒を飲め」というお医者がいるハズもないわけで、
これまでも年を追うごとに少しずつ医学が進歩して明らかになることがあったり、新薬の認可がおりたりしてきたように、
あと5年も10年もすれば、きっと骨粗鬆症にも良い薬がもっと出るでしょう、と。

僕の場合は、ホルモンバランス、あるいは(かなりざっくり言うと)体質的なモンがちょっとおかしい、という程度らしいので、
無期限とは言うものの、ホルモンバランスや体質が改善されればまた飲めるんじゃないか、と思ってます。
ただ、そう思っていては決意も揺らぎそうなので敢えて「完全な断酒」を宣言した、というわけです。
よくドラマなんかで患者が医者に「自分の体は自分が一番よくわかってるんだよ!」なんて逆上するシーンがありますが、
そういう患者さんの気持ちも少しはわかる気がします。少しだけね。

実際、毎日毎日一人ででも理由も無く飲んでいたので、飲酒がクセみたいになってたのですが、
そういった「あまりよろしくない習慣」から抜け出す良い機会なんじゃないか、とも思ってます。

お酒にはこれまでたくさんの恩と、いくつかの失敗もありましたが、
自分とお酒というものの関係を考え直す良い機会でもあると思います。
いろんなことを振り返っていると…思い出すなぁ。あ、いや、なんでもないです。

矛盾するようですが、これからもお酒を飲む機会はきっとあると信じています。
ただ、「当たり前」でも「習慣」でもなく、とてもありがたいものとして、そこにあるでしょう。
そんな日を迎えるまでは、自分に誠実に、ノンアルコールライフを楽しみたいと思います。

長々とした駄文を最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2010-12-10 03:16 | monologue
差し歯日記なのに…
差し歯が取れましてね…
e0016831_13323950.jpg
運悪く日曜日だったので、リハと彦八まつりには葉抜けのまま行き、
月曜日に歯医者に行ったんですが…、

なんと、歯茎の中の土台部分の、わずかに残っていた歯根が割れてしまい、
もう差し歯を入れるのは不可能、との宣告。

人工歯根(インプラント)は保険が利かないので、
僕が今乗ってる中古車と同じくらいの金額。

抜けっぱなしってワケにもいかないだろうから、
お金が貯まるまで保険適用の入れ歯しといたら?と。

そんなこんなで部分入れ歯になってしまいました。
今さらブログのタイトルを「部分入れ歯日記」にするのもアレなので、ね。

当初は違和感がひどく、食事に時間もかかるし量も食べられないしで大変でしたが、
慣れというのは恐ろしいモンで、今ではムシャムシャ美味しく食べてます。
「外して洗える」のはむしろ差し歯より良いかも…とさえ思いはじめてます。

おーコワ。
[PR]
by 北村将吾  by saccy_ba | 2010-10-11 13:41 | monologue